デンマークの祝祭日について

2014年1月1日 新年

Nytaar
元旦。

2014年4月17日 聖木曜日

Skaertorsdag
イエスと使徒たちの最後の晩餐を記念する日です。

2014年4月18日 聖金曜日

Langfredag
イエスの受難と死を記念する日です。

2014年4月20日 復活祭

Paaskedag
十字架にかけられて死んだイエスが3日目に復活したことを記念する日で、一般的に「イースター」と呼ばれています。キリスト教徒にとって最も重要な日とされています。

2014年4月21日 復活祭月曜日

2. Paaskedag
復活祭の翌日。

2014年5月16日 大祈祷祭

St. Bededag
1686年にクリスチャン5世によって制定された祝日、前夜に小麦パン(varme hveder)を食べるなどの習慣があります。

2014年5月29日 キリスト昇天祭

Kristi Himmelfartsdag
復活したイエスが天にあげられたことをを記念する日。復活祭後6番目に来る木曜日になっています。

2014年6月5日 憲法記念日

Grundlovsdag
1848年フランスの2月革命により高まった民主化の要求により、フレデリクス7世は絶対君主制を廃止し1849年6月5日立憲君主制を盛り込んだ憲法が制定されました。

2014年6月8日 聖霊降臨祭

Pinsedag
イエスの復活・昇天の50日後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事を記念する日。復活祭と同様、キリスト教徒には重要な意味を持つ日です。

2014年6月9日 聖霊降臨祭翌日

2. Pinsedag
聖霊降臨祭の前日。

2014年12月23日 クリスマスイブ前日

 
クリスマスの前々日。

2014年12月24日 クリスマスイブ

Juleaftensdag
クリスマスの前日。

2014年12月25日 クリスマス

Juledag
イエスの誕生を祝う日。

2014年12月26日 ボクシング・デイ

2. Juledag
クリスマスの翌日で、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからボクシング・ディと呼ばれています。

2014年12月31日 大晦日

Nytårsaften
大晦日。